暇人クオの形だけのブログ

更新は滅多にされないものと思って貰って結構です。

先制攻撃技決定力ランキング【剣盾】

剣盾が出たということで先制攻撃技決定力ランキングをやっていきましょう。今作も様々な変化がありましたが、何と言っても出現するポケモンが全種類でなくなったことが最も大きいでしょう。前回のランキングを見てみましょう。

1位 イベルタル 301 ふいうち(139) 132〜156 特性:ダークオーラ
2位 ファイアロー 219 ブレイブバード(180) 124〜147 特性:はやてのつばさ
2位 グソクムシ 291 であいがしら(135) 124〜147
4位 アルセウス 283 しんそく(120) 108〜127
5位 ラッタR 303 ふいうち(105) 100〜118 特性:はりきり
5位 アブソル 300 ふいうち(105) 100〜118

このうち、グソクムシャ以外のポケモンは剣盾には登場しません。各技のランキングでも登場しなくなったポケモンは数多くいますが、この空いた席に新ポケモンはどれくらいランクインするでしょうか。早速見ていきましょう。

  • 目次

ルール

・Lv50、ソード・シールドでの通信対戦の環境を想定。
・各先制攻撃技を覚えるポケモン毎で持ち物を含め最も決定力が出る方法を採用。
・技を出すまでに2ターン以上かかる技は除外する。
・持ち物は特に記述のない場合こだわりハチマキ(メガネ)となっている。
・特性は常時倍率がかかるもののみとする。
・すなわち、特性「こんじょう」や「げきりゅう」など、倍率の発動に何らかの条件があるものは発動していないものとして扱う。
・特性は「どの特性もその先制技に常時倍率がかかるものではない」または「フォルムチェンジに必要な特性なのでポケモン名を見れば分かる」ときは明記していません。
・急所率が100%未満の場合は急所に当たらないものとする。
・連続技はここでは原則最低回数の2回命中とする。
・ただし、特性「スキルリンク」は5回とする。
・比較にはLv50無補正無振り、タイプなしとしたミュウへの最大ダメージを使用。
・ミュウは剣盾で既に入手可能だが、初版の時点ではダメージ計算機にデータがなかったため、代わりに物理技はバンバドロ、特殊技はバンギラスをそれぞれタイプなしにして計算している。
・最大ダメージが同じ場合は最小ダメージも比較。それも同じ場合は攻撃や特攻の実数値に関わらず同一順位としている。
・ダメージ計算にはiPhoneアプリ「ダメージ計算機SS for ポケモン ソード & シールド」を使用。
・表は左から順位、ポケモン名、攻撃(特攻)、(技名(威力))、ダメージを表す。

先制攻撃技総合

1位 アイアント 398 であいがしら(135) 169〜199 特性:はりきり
2位 グソクムシ 291 であいがしら(135) 124〜147
3位 キリキザン 291 ふいうち(105) 96〜114
4位 オーロンゲ 283 ふいうち(105) 93〜111
5位 オノノクス 327 であいがしら(90) 92〜109

今作の1位はアイアントでした。ふいうちの威力が80だった時代のイベルタルよりも高火力となっています。連発できないからこそ許されたダメージなのでしょう、おそらく。

威力40以下の部

1位 マーシャドー 291 かげうち(90) 84〜99 特性:テクニシャン
2位 シザリガー 283 アクアジェット(80) 72〜86 特性:てきおうりょく
3位 ローブシン 316 マッハパンチ(72) 72〜85 特性:てつのこぶし
4位 カポエラー 241 マッハパンチ(90) 69〜82 特性:テクニシャン
5位 ホルード 354 でんこうせっか(60) 67〜79 特性:ちからもち

全く歯が立たないので威力40以下のものを分けてみました。先制技が強いっていうとこちらのメンバーのイメージの方が強い気がします。

以下は技別のランキングです。

技別ランキング

しんそく

1位 マッスグマ 201 76〜90
2位 ウインディ 267 68〜80
2位 ルカリオ 267 68〜80
4位 トゲキッス 252 63〜75 特性:はりきり

これまでのトップ5は皆締め出されていましたが、HOMEで原種マッスグマが帰ってきました。

ねこだまし

1位 ペルシアン 201 58〜69 特性:テクニシャン
2位 カポエラー 241 46〜55 特性:テクニシャン
3位 ニャース 241 45〜54 特性:テクニシャン
4位 ニャイキング 267 44〜52 特性:かたいツメ
5位 イエッサン♂ 192 37〜45

ペルシアンが繰り上がりで1位に。

でんこうせっか

1位 ホルード 354 67〜79 特性:ちからもち
2位 ザシアン 450 57〜68 特性:ふとうのけん
3位 ホルビー 288 55〜66 特性:ちからもち
4位 エースバーン 276 52〜63 特性:リベロ
4位 ケンホロウ 274 52〜63

ザシアンはくちたけんを持たせてフォルムチェンジするよりもこだわりハチマキを持たせた方がダメージが大きいです。

フェイント

1位 ペルシアン 201 43〜52 特性:テクニシャン
2位 マーシャドー 291 42〜50 特性:テクニシャン
3位 オトスパス 280 40〜48 特性:テクニシャン
3位 エースバーン 276 40〜48 特性:リベロ
4位 ニャース 159 34〜42 特性:テクニシャン

一致フェイント使いはニャースペルシアンだけになりました。と言っても、元々テクニシャン勢に占拠されていたので状況は変わらずですが……

アクアジェット

1位 シザリガー 283 72〜86 特性:てきおうりょく
2位 バスラオ 237 60〜72 特性:てきおうりょく
3位 ヘイガニ 217 56〜66 特性:てきおうりょく
4位 グソクムシ 291 55〜66
4位 カマスジョー 288 55〜66

てきおうりょく組の壁は厚い。

みずしゅりけん

1位 アギルダー 250 24〜30

ゲッコウガドーブルがいなくなりました。

こおりのつぶて

1位 マンムー 300 58〜69
2位 マニューラ 283 54〜64
3位 デリバード 263 51〜60 特性:はりきり
4位 イノムー 250 48〜57
5位 パルシェン 241 46〜55
5位 ニューラ 241 46〜55
5位 バイバニラ 241 46〜55

7体全員続投、新ポケにも有力な使い手が不在のためランキングに変動はありません。

であいがしら

1位 アイアント 398 169〜199 特性:はりきり
2位 グソクムシ 291 124〜147
3位 オノノクス 327 92〜109
4位 ネギガナイト 307 87〜103
5位 オノンド 277 79〜93

ばら撒かれた結果、アイアントがとんでもないことになっています。

アクセルロック

習得可能なポケモンなし

一応ゆびをふるで出せるようです。

マッハパンチ

1位 ローブシン 316 72〜85 特性:てつのこぶし
2位 カポエラー 241 69〜82 特性:テクニシャン
3位 エビワラー 258 58〜70 特性:てつのこぶし
3位 ドテッコツ 258 58〜70 特性:てつのこぶし
5位 サワムラー 283 54〜64

キノガッサがいなくなったためローブシンが首位に浮上。

しんくうは

1位 ルカリオ 274 52〜63
2位 ドクロッグ 226 43〜52
3位 カポエラー 142 42〜49 特性:テクニシャン
4位 カイリキー 192 37〜45
4位 エルレイド 192 37〜45

下位は相当悲惨なことになっています。4世代教え技が廃止になった影響、というよりは特殊型のできる格闘タイプで覚えるのがルカリオしかいないからでしょう。
→HOMEで4世代産を連れてこれるようになりましたが……

かげうち

1位 マーシャドー 291 84〜99 特性:テクニシャン
2位 ギルガルド 316 60〜72
3位 ニダンギル 267 51〜61
4位 ジュナイパー 261 51〜60
5位 ノワール 250 48〜57
5位 パンプジン特大 250 48〜57

ギルガルド種族値が削られましたが、元々負けていたマーシャドー以外は引き離していたので順位に影響はありませんでした。

ふいうち

1位 キリキザン 291 96〜114
2位 オーロンゲ 283 93〜111
3位 エースバーン 276 91〜108 特性:リベロ
4位 スカタンク 238 79〜94
5位 レパルダス 231 76〜91

オーロンゲが2位になっていますが、前作ではキリキザンでさえドンカラスと並んで4位だったのでランキングにかなり出禁の影響が出ていると言えるでしょう。

バレットパンチ

1位 ルカリオ 267 51〜61
2位 カポエラー 241 46〜55 特性:テクニシャン
3位 ゴロンダ 289 44〜52 特性:てつのこぶし
4位 エビワラー 258 39〜47 特性:てつのこぶし
5位 カイリキー 300 39〜46

お察しの通り、はがねタイプで覚えるのはルカリオのみとなりました。

特性:いたずらごころ

1位 エルフーン 211 しぜんのちから(80) 53〜63
2位 モンメン 145 しぜんのちから(80) 37〜44

今作も技が不一致のトライアタックなのでダメージは少なめ。

特性:はやてのつばさ

該当するポケモンなし

特性:ヒーリングシフト

該当するポケモンなし

  • 終わりに

アイアントを除けば全体的に火力は落ち着いたかなと思いました。新ポケモンがほぼランクインしない辺り、過去の反省からかなり気をつけているのでしょう。リベロエースバーン解禁後がちょっと怪しいですが……

ここまでの閲覧ありがとうございました。ランキングで何か間違いがありましたら恥をかかないよう一度ダメージ計算してからコメント欄またはTwitter@allsum13まで報告してくれると大変助かります。

主な更新履歴
2019/12/30 公開
2020/6/15 ポケモンHOMEリリースとリベロエースバーン解禁に対応。DLC以降は(書くなら)別記事にするつもりです。