暇人クオの形だけのブログ

書きたいことを書きたいときに書いています。

【ポケモン】先制技決定力ランキング【SV】(テラスタルなし)

完全新作が発売されたということで、当ブログのアクセス数も何もしていないのに伸びています。何故だか最新版を作成せよという無言の圧力を感じるので恒例のランキングを作ってきました。

結局剣盾DLC込みでのランキングは作成しませんでしたが、総合ランキングはこうなっていました。

順位 ポケモン 攻撃 技名(威力) ダメージ 備考
1位 アイアント 398 であいがしら(135) 169〜199 特性:はりきり
2位 イベルタル 301 ふいうち(139) 132〜156 特性:ダークオーラ
3位 ゴリランダー 291 グラススライダー(136) 126〜148 特性:グラスメイカ
4位 ファイアロー 219 ブレイブバード(180) 124〜147 特性:はやてのつばさ
4位 グソクムシ 291 であいがしら(135) 124〜147

今作では、この表のポケモンファイアローしか残っていません。イベルタルと同期だったせいで実は一度もトップを取ったことのないファイアロー、今作こそトップを狙えるのでしょうか。見ていきましょう。

なお、今作はテラスタルによってタイプ一致補正が大きく変わるため、本記事ではテラスタルしなかった場合を紹介しています。 先制技のタイプに合わせてテラスタルを使用した場合のランキングは別途作成予定です。(作ってみてデータとして面白くない場合は公開しないかもしれませんが……)

また、「未解禁」についてはリージョンフォームとその進化系(ヒスイ地方含む)や過去作限定技など、ポケモンHOME対応で解禁されることが容易に予想できるもののみを掲載しています。ただし、ヒスイ地方のポケモン種族値、習得する技については解析による情報を含みます

ルール

  • Lv50、スカーレット・バイオレットでの通信対戦の環境を想定。
  • 各先制攻撃技を覚えるポケモン毎で持ち物を含め最も決定力が出る方法を採用。
    • 技を出すまでに2ターン以上かかる技は除外する。
  • 持ち物は特に記述のない場合こだわりハチマキ(メガネ)となっている。
  • 特性は常時倍率がかかるもののみとする。
    • すなわち、特性「こんじょう」や「げきりゅう」など、倍率の発動に何らかの条件があるものは発動していないものとして扱う。
    • 特性は「どの特性もその先制技に常時倍率がかかるものではない」または「フォルムチェンジに必要な特性なのでポケモン名を見れば分かる」ときは明記していない。
  • 急所率が100%未満の場合は急所に当たらないものとする。
  • 回数が2〜5回となる連続技はここでは原則最低回数の2回命中とする。
    • ただし、特性「スキルリンク」であれば5回命中とする。
    • また、持ち物「いかさまダイス」であれば4回命中とする。
  • 技「グラススライダー」は特性「グラスメイカー」でない限り先制技と見なさない。
  • 比較にはLv50無補正無振り、タイプなしとしたミュウへの最大ダメージを使用。*1
  • 最大ダメージが同じ場合は最小ダメージも比較。それも同じ場合は攻撃や特攻の実数値に関わらず同一順位としている。
  • ダメージ計算にはiPhoneアプリ「ダメージ計算機SV for ポケモン スカーレットバイオレット」を使用。

先制攻撃技総合[テラスタルなし]

威力無制限

順位 ポケモン 攻撃 技名(威力) ダメージ 備考
1位 チヲハウハネ 307 であいがしら(135) 130〜154
2位 ファイアロー 219 ブレイブバード(180) 124〜147 特性:はやてのつばさ
2位 パオジアン 283 ふいうち(105) 124〜147 特性:わざわいのつるぎ
4位 ヒノヤコマ 205 ブレイブバード(180) 117〜138 特性:はやてのつばさ
5位 エクスレッグ 253 であいがしら(135) 108〜127

今作の1位はチヲハウハネでした。ステータスと技威力だけによるもので、強い特性が溢れる最近のポケモンとしては珍しい状況になっています。
なお、晴れ下だと「こだいかっせい」が発動し、はりきりアイアントをギリギリ超える火力になります。

威力40以下

順位 ポケモン 攻撃 技名(威力) ダメージ 備考
1位 ハッサム 300 バレットパンチ(90) 85〜102 特性:テクニシャン
1位 キノガッサ 300 マッハパンチ(90) 85〜102 特性:テクニシャン
3位 パオジアン 283 こおりのつぶて(60) 72〜85 特性:わざわいのつるぎ
4位 イキリンコ 364 でんこうせっか(60) 69〜82 特性:はりきり
5位 ルガルガン黄昏 277 アクセルロック(78) 67〜81 特性:かたいツメ

全く歯が立たないので威力40以下のものを分けています。先制技をよく使っていそうな面々です。

未解禁
順位 ポケモン 攻撃 技名(威力) ダメージ 備考
4-5位 イダイトウ♂ 270 アクアジェット(80) 68〜82 特性:てきおうりょく

技別ランキング

しんそく

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 カイリュー 306 77〜91
2位 ウインディ 267 68〜80
2位 ルカリオ 267 68〜80
4位 ハクリュー 223 56〜67
5位 ミニリュウ 190 48〜57

剣盾初期同様、いるメンバー全員です。

未解禁
順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1-2位 ウインディH 274 69〜82
2-4位 ライチュウ 234 59〜70 BW配布産
2-4位 ピカチュウ 234 59〜70 BW配布産
持ち物:
でんきだま

ねこだまし

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 ペルシアン 201 58〜69 特性:テクニシャン
2位 ハリテヤマ 283 46〜55 特性:ちからずく
2位 チャーレム 184 46〜55 特性:ヨガパワー
4位 ニャース 241 45〜54 特性:テクニシャン
5位 ニャイキング 267 44〜52 特性:かたいツメ

相変わらず一致補正と特性補正があるポケモンが強いです。

でんこうせっか

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 イキリンコ 364 69〜82 特性:はりきり
2位 ハッサム 300 57〜68 特性:テクニシャン
3位 ムクホーク 283 54〜64
4位 エースバーン 276 52〜63 特性:リベロ
4位 ザングース 274 52〜63

ノーマルかつはりきりのイキリンコがトップに。こう見えてホルードよりも高火力です。

フェイント

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 イッカネズミ 208 45〜54 特性:テクニシャン
2位 ペルシアン 201 43〜52 特性:テクニシャン
3位 キノガッサ 300 43〜51 特性:テクニシャン
3位 ハッサム 300 43〜51 特性:テクニシャン
5位 エースバーン 276 40〜48 特性:リベロ
5位 ザングース 274 40〜48

ペルシアンとタイプ・特性が同じで、攻撃がより高いイッカネズミがトップに。

アクアジェット

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 イルカマンM 349 67〜79
2位 マリルリ 168 64〜76 特性:ちからもち
3位 バスラオ 237 60〜72 特性:てきおうりょく
4位 カマスジョー 288 55〜66
5位 ウェーニバル 283 54〜64

シザリガーヘイガニがいなくなったことで大分新顔も見られるようになりました。

未解禁
順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 イダイトウ♂ 270 68〜82 特性:てきおうりょく
3位タイ イダイトウ♀ 237 60〜72 特性:てきおうりょく

ジェットパンチ

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ
1位 イルカマンM 349 99〜117

みずしゅりけん

順位 ポケモン 特攻 ダメージ 備考
1位 ゲッコウガ 170 52〜64 もちもの: いかさまダイス

こおりのつぶて

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 パオジアン 283 72〜85 特性:わざわいのつるぎ
2位 セグレイブ 324 61〜73
3位 マニューラ 283 54〜64
4位 ハルクジラ 271 51〜61
5位 デリバード 263 51〜60 特性:はりきり

久しぶりに強力な使い手が追加されたことで、ランキングが大きく変動しました。

であいがしら

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ
1位 チヲハウハネ 307 130〜154
2位 エクスレッグ 253 108〜127
3位 ワナイダー 216 93〜109
4位 オノノクス 327 92〜109
5位 オノンド 277 79〜93

習得するポケモンは変わっても初回行動限定ゆえの高火力は健在のようです。

アクセルロック

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 ルガルガン黄昏 277 67〜81 特性:かたいツメ

今作も専用技であり続けています。

参考
順位 ポケモン 攻撃 ダメージ
1-2位 ルガルガン 274 52〜63

マッハパンチ

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 キノガッサ 300 85〜102 特性:テクニシャン
2位 パーモット 274 63〜75 特性:てつのこぶし
3位 パモット 208 48〜57 特性:てつのこぶし
4位 パモ 168 26〜31 特性:てつのこぶし

覚えるポケモンがほぼいなくなりました。

しんくうは

順位 ポケモン 特攻 ダメージ 備考
1位 ルカリオ 274 52〜63
2位 ドクロッグ 226 43〜52
3位 グレッグル 186 36〜43
4位 リオル 142 27〜33

もう忘れられてそう。

未解禁
順位 ポケモン 特攻 ダメージ 備考
1位タイ キノガッサ 184 52〜63 第4世代教え技
特性:テクニシャン
2-3位 エルレイド 192 37〜45 第4世代教え技
3-4位 オコリザル 184 34〜42 第4世代教え技
3-4位 チャーレム 184 34〜42 第4世代教え技

特性パッチの登場で、ようやくキノガッサのしんくうはとテクニシャンが両立できるようになる見込みです。 

かげうち

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 ソウブレイズ 291 55〜66
2位 ジュペッタ 274 52〜63
2位 アノホラグサ 274 52〜63
4位 ハカドッグ 252 48〜57
5位 ゲッコウガ 241 46〜55 特性:へんげんじざい

かげうちは特性での火力強化に恵まれません。上位だと過去を含めてもマーシャドー(テクニシャン)くらいしかいないのではないでしょうか。

未解禁
順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
2-4位 ゾロアークH 258 49-58

ふいうち

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 パオジアン 283 124〜147 特性:わざわいのつるぎ
2位 ドドゲザン 307 102〜120
3位 アラブルタケ 294 97〜115
4位 ドンカラス 291 96〜114
4位 キリキザン 291 96〜114

ポケモンが多くランクインしているものの、ダメージはファイアローを超えない程度に抑えられており、かなり慎重に調整していることが伺えます。

バレットパンチ

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 ハッサム 300 85〜102 特性:テクニシャン
2位 ルカリオ 267 51〜61
3位 チャーレム 184 46〜55 特性:ヨガパワー
4位 アサナン 151 39〜46 特性:ヨガパワー
5位 ハリテヤマ 283 36〜43

基本的には変わり映えしない面々です。

特性:いたずらごころ

今作より技「しぜんのちから」が削除され、安定して特定の攻撃技を出せる変化技がなくなりました。

特性:はやてのつばさ

順位 ポケモン 攻撃 ダメージ 備考
1位 ファイアロー 219 ブレイブバード(180) 124〜147
2位 ヒノヤコマ 205 ブレイブバード(180) 117〜138
3位 ヤヤコマ 168 ブレイブバード(180) 94〜112

ヒノヤコマヤヤコマブレイブバードを覚えません。どういう訳か、今作から技マシンで覚えるようになったようです。ヒノヤコマの攻撃種族値ファイアローと8しか変わらないので洒落にならないダメージになるのですが、素早さは84族とかなり落ちる上にファイアローもすっかり落ち目ということで許されたのでしょう。もしくは無知なスタッフのうっかりミスですが、まさかね……

特性:ヒーリングシフト

該当するポケモンなし

終わりに

こうして見ると、ファイアローのブレバを基準にちゃんとバランス調整していることが伺えます。毎回のように何故世に解き放たれたか分からないポケモンが混ざるので忘れがちですが、対戦のバランスを考えて種族値や特性が設定されているのですね。上手くいくかは別として。

ここまでの閲覧ありがとうございました。ランキングで何か間違いがありましたら恥をかかないよう一度ダメージ計算してからコメント欄またはTwitter@allsum13まで報告してくれると大変助かります。

主な更新履歴
更新日 更新概要
2023/1/4 公開
2023/1/5 でんこうせっかのランキングを修正(3位:ムクホーク)
2023/1/8 ヒノヤコマヤヤコマブレイブバードを覚えることに気づいたため、関係する箇所を更新
2023/1/16 ゲッコウガの情報解禁に伴い「未解禁」に追加
2023/1/27 「最強のゲッコウガ」レイド開始に伴いランキングにゲッコウガを追加

*1:一般に用いられる攻撃や特攻と技威力を掛け算した「火力指数」は目安にはなるものの、厳密な比較はできない。これはダメージ計算中に発生した小数点以下の端数は実際には放置せず、都度切り上げているためである。