暇人クオの形だけのブログ

更新は滅多にされないものと思って貰って結構です。

形だけの過去記事を振り返る:2015年編

2020年は遂に記事を1つも上げませんでした。ぶっちゃけ名大オフがなく、書くことがなかったからです。なので、2021年はこの記事を上げてアリバイだけ作っておきます。

シングル育成論6th No.5 イベルタル - 暇人クオの形だけのブログ
XY初期に使ったイベルタルの記事。当時はジオコンゼルネに目が行っていた人が多く、ゼルネに弱いというだけで使われていなかったため全くマークされておらず、ゼルネ受けを用意するだけで簡単に(?)無双できました。その結果がポケセン大会3位相当。
ちなみに、配布ハッサムミラー対策のためにめざ炎ハッサムを配達員厳選したのもこの時です。あの頃のメタの貼り方は我ながらおかしい(褒め言葉)。

名大ポケモン研究所新歓シングル大会 - 暇人クオの形だけのブログ
名大ポケモン研究所の新歓に行ったときの記事。5世代の延長線上みたいなパーティです。即興で組んだので完成度が低いのは仕方ないにしても、負けをトゲキッスのせいにしていないでもっとちゃんと考えてください。

ジャパンカップ2015 - 暇人クオの形だけのブログ
ダブルバトルを舐めたパーティで大会のオンライン予選に行った1回目です。メガガブリアスは腐っても700族なので、お膳立てできれば結構強いんですよね。とはいえ、なかなかそこまではできないのですが。

【ORAS】名大オフ使用構築【3メガ】 - 暇人クオの形だけのブログ
いくら考えてもメガバクーダが何故入っているか分からないので、実質2メガになっている気がします。ボスゴドラも呑気()に居座ってないで、とっととカットムバックでいいと思います。
あと、この頃は名大オフなのにオニゴーリ少なかったんですね。

【メモ】電気タイプ種族値一覧【タイプ別】 - 暇人クオの形だけのブログ
【メモ】電気タイプ種族値一覧【素早さ順】 - 暇人クオの形だけのブログ
【メモ】電気タイプ素早さ実数値早見表 - 暇人クオの形だけのブログ
電気ダブル、ありましたね。僕は出ていません。なのに手計算で色々出したのは、よほど暇だったのでしょう。詳しいことは知りませんが、プラズマシャワーエレキブルとかいたんでしたっけ。

第1回背伸びオフ使用構築 - 暇人クオの形だけのブログ
偽装パを使うときは元のパーティも使っておいた方がいいらしいですね。というより、そもそも一般的なカバルカカイリューを知らなかったような気がするのですが。

第4回研究所最強決定戦(シングル・ローテ) - 暇人クオの形だけのブログ
部内戦の記事。読んでも何が伝えたいか正直よく分かりませんが、ブロスターではチョッキ込みでも数値が足りないのでヌメルゴンがいなくても特殊受けはできないと思います。ゴーストの一貫を考えれば、抜くならズキンよりブロスターかと。

先制攻撃技決定力ランキング【ORAS】 - 暇人クオの形だけのブログ
メガクチートのふいうちへの過剰な持ち上げに対抗する気持ちで書いた記事。のはず。ガルーラ、ファイアロー共々よく見かけたのは単に火力が比較的高く、しかも扱いやすいからで、メガアブソルより火力がどうこうは何も関係ないです。

【ORAS】第8回あいオフ使用構築【シングル】 - 暇人クオの形だけのブログ
この後はネタパかヤーティなので最初で最後のトノグドラ。結局のところ、水が一貫するような構築の人はそうそういないんですよね。

【ORAS】第二回東海シングルフェスタ使用構築 - 暇人クオの形だけのブログ
役割論理デビュー。ヤーティでのほぼ初陣なのでコツが分かっていないながらも、少し前に使ったトノグドラを逆に狩ったりしています。このときの雨パにいたのは信用可能キングドラとかいうハチマキナットレイのウィップ耐えまで振ったやつだったらしいですが、ハチマキジャイロで半分削れたのでどの辺りが信用可能なんだろう?🤔って思った記憶があります。どうせ1回行動保証とかでしょうが……

2015年総括

この1年でパーティの組み方が大きく成長していたようです。トノグドラで結構真剣に研究したのが良かったのかもしれませんね。

感想

記録をちゃんとして、振り返ると変化がよく分かるものだなと思いました。当事者としての意識が消えて客観的に見られるのがいいのでしょうか。たまには昔を振り返るのもいいのかもしれないですね。

2014年編は無駄に何日もかけたようですが、今回は1時間で一気に書きました。時間をかけてもどうせ数年後の自分に酷評されるだけなので、この程度でいいんですよ。

先制攻撃技決定力ランキング【剣盾】

剣盾が出たということで先制攻撃技決定力ランキングをやっていきましょう。今作も様々な変化がありましたが、何と言っても出現するポケモンが全種類でなくなったことが最も大きいでしょう。前回のランキングを見てみましょう。

1位 イベルタル 301 ふいうち(139) 132〜156 特性:ダークオーラ
2位 ファイアロー 219 ブレイブバード(180) 124〜147 特性:はやてのつばさ
2位 グソクムシ 291 であいがしら(135) 124〜147
4位 アルセウス 283 しんそく(120) 108〜127
5位 ラッタR 303 ふいうち(105) 100〜118 特性:はりきり
5位 アブソル 300 ふいうち(105) 100〜118

このうち、グソクムシャ以外のポケモンは剣盾には登場しません。各技のランキングでも登場しなくなったポケモンは数多くいますが、この空いた席に新ポケモンはどれくらいランクインするでしょうか。早速見ていきましょう。

  • 目次

ルール

・Lv50、ソード・シールドでの通信対戦の環境を想定。
・各先制攻撃技を覚えるポケモン毎で持ち物を含め最も決定力が出る方法を採用。
・技を出すまでに2ターン以上かかる技は除外する。
・持ち物は特に記述のない場合こだわりハチマキ(メガネ)となっている。
・特性は常時倍率がかかるもののみとする。
・すなわち、特性「こんじょう」や「げきりゅう」など、倍率の発動に何らかの条件があるものは発動していないものとして扱う。
・特性は「どの特性もその先制技に常時倍率がかかるものではない」または「フォルムチェンジに必要な特性なのでポケモン名を見れば分かる」ときは明記していません。
・急所率が100%未満の場合は急所に当たらないものとする。
・連続技はここでは原則最低回数の2回命中とする。
・ただし、特性「スキルリンク」は5回とする。
・比較にはLv50無補正無振り、タイプなしとしたミュウへの最大ダメージを使用。
・ミュウは剣盾で既に入手可能だが、初版の時点ではダメージ計算機にデータがなかったため、代わりに物理技はバンバドロ、特殊技はバンギラスをそれぞれタイプなしにして計算している。
・最大ダメージが同じ場合は最小ダメージも比較。それも同じ場合は攻撃や特攻の実数値に関わらず同一順位としている。
・ダメージ計算にはiPhoneアプリ「ダメージ計算機SS for ポケモン ソード & シールド」を使用。
・表は左から順位、ポケモン名、攻撃(特攻)、(技名(威力))、ダメージを表す。

先制攻撃技総合

1位 アイアント 398 であいがしら(135) 169〜199 特性:はりきり
2位 グソクムシ 291 であいがしら(135) 124〜147
3位 キリキザン 291 ふいうち(105) 96〜114
4位 オーロンゲ 283 ふいうち(105) 93〜111
5位 オノノクス 327 であいがしら(90) 92〜109

今作の1位はアイアントでした。ふいうちの威力が80だった時代のイベルタルよりも高火力となっています。連発できないからこそ許されたダメージなのでしょう、おそらく。

威力40以下の部

1位 マーシャドー 291 かげうち(90) 84〜99 特性:テクニシャン
2位 シザリガー 283 アクアジェット(80) 72〜86 特性:てきおうりょく
3位 ローブシン 316 マッハパンチ(72) 72〜85 特性:てつのこぶし
4位 カポエラー 241 マッハパンチ(90) 69〜82 特性:テクニシャン
5位 ホルード 354 でんこうせっか(60) 67〜79 特性:ちからもち

全く歯が立たないので威力40以下のものを分けてみました。先制技が強いっていうとこちらのメンバーのイメージの方が強い気がします。

以下は技別のランキングです。

技別ランキング

しんそく

1位 マッスグマ 201 76〜90
2位 ウインディ 267 68〜80
2位 ルカリオ 267 68〜80
4位 トゲキッス 252 63〜75 特性:はりきり

これまでのトップ5は皆締め出されていましたが、HOMEで原種マッスグマが帰ってきました。

ねこだまし

1位 ペルシアン 201 58〜69 特性:テクニシャン
2位 カポエラー 241 46〜55 特性:テクニシャン
3位 ニャース 241 45〜54 特性:テクニシャン
4位 ニャイキング 267 44〜52 特性:かたいツメ
5位 イエッサン♂ 192 37〜45

ペルシアンが繰り上がりで1位に。

でんこうせっか

1位 ホルード 354 67〜79 特性:ちからもち
2位 ザシアン 450 57〜68 特性:ふとうのけん
3位 ホルビー 288 55〜66 特性:ちからもち
4位 エースバーン 276 52〜63 特性:リベロ
4位 ケンホロウ 274 52〜63

ザシアンはくちたけんを持たせてフォルムチェンジするよりもこだわりハチマキを持たせた方がダメージが大きいです。

フェイント

1位 ペルシアン 201 43〜52 特性:テクニシャン
2位 マーシャドー 291 42〜50 特性:テクニシャン
3位 オトスパス 280 40〜48 特性:テクニシャン
3位 エースバーン 276 40〜48 特性:リベロ
4位 ニャース 159 34〜42 特性:テクニシャン

一致フェイント使いはニャースペルシアンだけになりました。と言っても、元々テクニシャン勢に占拠されていたので状況は変わらずですが……

アクアジェット

1位 シザリガー 283 72〜86 特性:てきおうりょく
2位 バスラオ 237 60〜72 特性:てきおうりょく
3位 ヘイガニ 217 56〜66 特性:てきおうりょく
4位 グソクムシ 291 55〜66
4位 カマスジョー 288 55〜66

てきおうりょく組の壁は厚い。

みずしゅりけん

1位 アギルダー 250 24〜30

ゲッコウガドーブルがいなくなりました。

こおりのつぶて

1位 マンムー 300 58〜69
2位 マニューラ 283 54〜64
3位 デリバード 263 51〜60 特性:はりきり
4位 イノムー 250 48〜57
5位 パルシェン 241 46〜55
5位 ニューラ 241 46〜55
5位 バイバニラ 241 46〜55

7体全員続投、新ポケにも有力な使い手が不在のためランキングに変動はありません。

であいがしら

1位 アイアント 398 169〜199 特性:はりきり
2位 グソクムシ 291 124〜147
3位 オノノクス 327 92〜109
4位 ネギガナイト 307 87〜103
5位 オノンド 277 79〜93

ばら撒かれた結果、アイアントがとんでもないことになっています。

アクセルロック

習得可能なポケモンなし

一応ゆびをふるで出せるようです。

マッハパンチ

1位 ローブシン 316 72〜85 特性:てつのこぶし
2位 カポエラー 241 69〜82 特性:テクニシャン
3位 エビワラー 258 58〜70 特性:てつのこぶし
3位 ドテッコツ 258 58〜70 特性:てつのこぶし
5位 サワムラー 283 54〜64

キノガッサがいなくなったためローブシンが首位に浮上。

しんくうは

1位 ルカリオ 274 52〜63
2位 ドクロッグ 226 43〜52
3位 カポエラー 142 42〜49 特性:テクニシャン
4位 カイリキー 192 37〜45
4位 エルレイド 192 37〜45

下位は相当悲惨なことになっています。4世代教え技が廃止になった影響、というよりは特殊型のできる格闘タイプで覚えるのがルカリオしかいないからでしょう。
→HOMEで4世代産を連れてこれるようになりましたが……

かげうち

1位 マーシャドー 291 84〜99 特性:テクニシャン
2位 ギルガルド 316 60〜72
3位 ニダンギル 267 51〜61
4位 ジュナイパー 261 51〜60
5位 ノワール 250 48〜57
5位 パンプジン特大 250 48〜57

ギルガルド種族値が削られましたが、元々負けていたマーシャドー以外は引き離していたので順位に影響はありませんでした。

ふいうち

1位 キリキザン 291 96〜114
2位 オーロンゲ 283 93〜111
3位 エースバーン 276 91〜108 特性:リベロ
4位 スカタンク 238 79〜94
5位 レパルダス 231 76〜91

オーロンゲが2位になっていますが、前作ではキリキザンでさえドンカラスと並んで4位だったのでランキングにかなり出禁の影響が出ていると言えるでしょう。

バレットパンチ

1位 ルカリオ 267 51〜61
2位 カポエラー 241 46〜55 特性:テクニシャン
3位 ゴロンダ 289 44〜52 特性:てつのこぶし
4位 エビワラー 258 39〜47 特性:てつのこぶし
5位 カイリキー 300 39〜46

お察しの通り、はがねタイプで覚えるのはルカリオのみとなりました。

特性:いたずらごころ

1位 エルフーン 211 しぜんのちから(80) 53〜63
2位 モンメン 145 しぜんのちから(80) 37〜44

今作も技が不一致のトライアタックなのでダメージは少なめ。

特性:はやてのつばさ

該当するポケモンなし

特性:ヒーリングシフト

該当するポケモンなし

  • 終わりに

アイアントを除けば全体的に火力は落ち着いたかなと思いました。新ポケモンがほぼランクインしない辺り、過去の反省からかなり気をつけているのでしょう。リベロエースバーン解禁後がちょっと怪しいですが……

ここまでの閲覧ありがとうございました。ランキングで何か間違いがありましたら恥をかかないよう一度ダメージ計算してからコメント欄またはTwitter@allsum13まで報告してくれると大変助かります。

主な更新履歴
2019/12/30 公開
2020/6/15 ポケモンHOMEリリースとリベロエースバーン解禁に対応。DLC以降は(書くなら)別記事にするつもりです。

【ベスト8】第9回名大オフ

今年も冬の名大オフの季節となりました。8世代になって役割論理どうなのって聞かれる辺りそろそろロトムとかで壁()を貼ってじしんかじょう()ギャラドスやらじゃくてんほけん()トゲキッスやらで無双できるんじゃないかと思いますが、なんというか、正直普通の構築を考える方がもはや面倒です。
それでは取り敢えず現段階で真剣に組んだヤーティがこちらです。

※以下ロジカル語法です。

  • ヤーティ紹介

・ヤャラドス@ちからのハチマキ
アクアテール/じしん/ストーンエッジ/パワーウィップ
今作からこおりのキバの仮想敵が皆出禁になりましたなwww大体ウィップかアイアンテールの選択でしょうが、ボボッキュと撃ち合うのは野菜で間に合っているのでウィップを選択しましたなwww

・ヤサイドン@たつじんのおび
じしん/ストーンエッジ/ロックブラスト/アイアンテール
評価が環境に凄まじく左右されるヤケモンですなwww現在は物理環境なので評価が上がっていますなwwwダイスチルでボボッキュもボラパルトも余裕wwwwwwロックブラストはほのおのパンツ辺りがいいのでしょうが、ボニゴーリがやけに多い名大オフ環境を考えるとどうしても切れませんでしたなwww
我にはボニゴーリに零度以外で負けるのはすべき対策を怠っているとしか思えませんなwww文句を言う前にちゃんと対策シロデスナwww

・ヤゲキッス@いのちのたま
ロジカルシャイン/エアスラッシュ/だいもんじ/はどうだん
ヤゲキ(白)とヤンフィア以外のフェアリーヤケが全員出禁を食らったので順番が回ってきましたなwwwボラパルトはこいつで余裕www

・ヒートヤトム@じしゃく
ヤーバーヒート/かみなり/ボルトチェンジ/あくのはどう
こちらも貴重になった炎ヤケですなwww異教徒はかみなりなんて雨を除いて頑として使わないので割とそこで役割破壊ができますなwww

・ヤットレイ@こだわりハチマキ
パワーウィップ/ジャイロボール/ボディプレス/はたきおとす
ボディプレスを習得して強化されているはずなのですが、一部の評判通り、環境に合わないのか正直出しにくいですなwwwありえないwww

ヤザンドラ@こだわりメガネ
あくのはどう/りゅうせいぐん/だいもんじ/きあいだま
悪の一貫性だけで出すとダイマックスで返り討ちに遭いかけるので少しだけ扱いずらくなった印象ですなwww

  • 結果

予選3-2(1位抜け)、ベスト8でしたなwww今回もそれなりに異教徒を殲滅できましたなwww

  • 感想

あまりサイクル戦はできていませんが、ぶっちゃけ異教徒と戦うとサイクル戦をする気がない人ばかりなのでそこは変わらずですなwwwボボッキュがまさかの強化*1がなされたのでどうなるかと思いましたが、なんとかギリギリやっていけそうな感じですなwww鋼ヤケがほとんど息してませんがなwww

ここまでお読みいただき感謝以外ありえないwww

*1:ボボッキュの強さはばけのかわとつるぎのまいつるぎのまいと霊妖の等倍範囲の異様なまでのシナジーなのですが、ここに何もテコ入れが入りませんでしたなwwwそればかりか霊等倍妖半減の数値受けを突破しやすくするダイホロウが与えられる始末ですなwwwバランス調整したんですかなwwwありえないwww

第8回名大オフ

例年と比べて1週間遅い気がしますがとにかく名大祭、そして名大オフの時期になりました。データが吹き飛んだのでこの日に向けて必死こいてストーリーを進めていました。前日なんかは休日を生成して昼から殆どずっとやってました。当分ポケモンはいいや。

さて、今回の使用ヤーティです。恋歌氏にはヤッカグヤを貸していただき、すとも氏にはヤャラドスとヤンギラスを提供していただきました。ありがとうございました。

  • ヤャラドス@ミズZ

いつもの。選出時点でメガギャラを想定されることは割とありましたが、今回テテフーディンメガフーディン相手にあたかもメガギャラであるかのように死に出しするハッタリを決めました。正直、スマンカッタ

  • ヤンギラス@ナイト

技を見ていなくていろいろいつもと違ったけど結果的にエッジしか撃ってないので問題なし。

  • ヒートヤトム@ホノオZ

ギルガルドを見るために(本当は避けるべきだが)出したのに一度も出てこない。ヤラミドロどうするつもりなんだ。

  • ヤットレイ@ハチマキ

久しぶりに使ったハチマキジャイロのやべーやつ。拘りシャンデラとの対面は居座りが選択肢に入ってくるから恐ろしい。今回は普通に交代するのが正解でした。もちろんちゃんと交代しています。

  • ヤラミドロ@メガネ

ただただ頭おかしい火力しているやつ。ドラゴンなのにテテフ以外のカプが全く怖くないのがいいところ。
※久々に使ったので記憶が曖昧でしたがガモスは蝶舞すれば竜星群は流石に耐えます。もちろん蝶舞しないとH252振りがピッタリ確1です。

  • ヤッカグヤ@帯

借り物なので完全特殊型。物理型からもっと楽に勝てた試合もあるんだけど代わりにヤットを外さないとダメだから何とも言えない。
ヤラミドロ入りは地面が重くなる傾向にあるのでヤッカグヤは外せないと思います。なので必死に探しました。

  • 結果、その他

予選5-0、決勝トーナメント2回戦敗退でした。何故か前日に相当偉そうな記事をアップしていたのでとりあえず文句はつけられない試合ができてよかったです。まーたヤーティで異教徒を殲滅してしまった
剣盾ではボボッキュ続投確定、更にメガヤスゴ出禁確定、ヤンデヤンデも続投微妙っぽいと、既に暗雲が立ち込めてきていますが、Z技がないので鋼がいればなんとかなるでしょう。なるよね?
「S36(40)振りヤティオス*1」「A.珠サザンどうするの?*2」みたいな役割論理を終焉に導きかねない天敵が現れないことを祈るばかりです。
余談: 個人的にはヤピナスが2軍入りするときが役割論理破綻寸前かなって思っています。普通は火力不足でありえませんが、それだけの特殊耐久がないと受けられない異教徒ボケモンがいると判断された証だからです。

11/19追記:上のボボッキュについて、予想通りヤンデヤンデ出禁のみならず、ダイマックスのせいで鋼がいるだけではダメみたいです。ダイホロウがよりによってBダウンなのでダイスチル(Bアップ)で抵抗しないとゴリ押されます。結局ボーフリはボーフリですなwwwありえないwwwメタが進んでどっか行くのを願うばかりですが、そうはいかないのでしょう。

*1:ポイズンヒールの無限型キノガッサ対策。交代で眠りターンがリセットされる仕様もありヤーティ側の対策が困難を極めたが、隠れ特性テクニシャン解禁とともに数を減らし、XYの粉技と眠りの仕様変更とともに無視できる数となると同時にS振りせずに対策できるようになった。切断が"害悪"への強い抑止力になっていた5世代レートにどれほどいたのか個人的には疑問ですが。

*2:5世代のヤケモンでは「竜星群/悪の波導/馬鹿力/気合玉」の構成の珠サザンドラへの後出しが(気づかれなかったヤジスチルを除き)不可能だった。そのため、後出しを諦めヤリテヤマ等、対面処理可能なヤケモンで倒さないといけない状況だった。実際にはそもそもドラゴンとしては砂パのガブリアスや雨パのキングドラが特に強かったためサザンドラ自体少なかったらしい。

くお式ヤーティの組み方

我がヤーティを組むと大体こんな感じになりますなwww

※ヤーティに限らずパーティは人によって合う合わないがあるので鵜呑みにするのはオススメできませんぞwww

※本記事はUSUM環境向けですなwwwこれ以外の場合は役割を持てないことが殆どですなwww

組み方

1. ヤャラドス
抜くのはヤザY軸かヤプ・レヒレ等の水妖入りくらいしか知りませんなwwwその時は代わりにヤンドロスを入れとけばいいですなwwwもちろん竜舞で抜くのはありえないwww

2. 対ボーゴヨン鋼枠
ヤードランかチョッキヤンデヤンデですなwwwレヒレ入りならヤンギとかでも受かるのでそれでもいいですなwww

3. 鋼枠その2
上の枠でボボッキュは大体やkですがもう一枠あった方が安定しますなwwwメガヤスゴ、メガヤタ、ヤット辺りはボボッキュに薄くならないので良さげですなwww

4. 対マンダ枠
メガヤンギで基本問題ないですなwwwメガヤタ入りならそちらで見れるので外してもいいですなwwwメガヤスゴ入りの場合も同様ですがヤンギ自体は特殊受けとして入れるのもアリエールwww

5. ドラゴン枠
これまでの補完を考えつつドラゴンヤケを入れる以外ありえないwww

6. 自由枠
自由と書きましたが相性補完は考えないと勝てませんなwww困ったらヤプ神でいいですなwww

ここまで明記していないが対策必須の異教徒ポケモン

・霊獣ボルトロス
気合玉を考えるとヤンギでは不十分なのでドラゴン枠で役割を持てないなら一枠使って対策する以外ありえないwww無難なのはヤラヤラですかなwww

・メガボグロス
ヤスゴがいるなら何とかなりますがそうでないなら何かしら必要ですなwww

使いたいヤケモンがいるとき

そのヤケモンが1〜6のどこに入るかを考えて固定して、残りのヤケモンを決めればよいですなwwwどこかのコピペのように最後に外す必要はありませんぞwww

参考

我が7世代で使ったものを当てはめてみますなwww
・ヤスゴブルル
1. ヤャラドス
2. ヤードラン
3. ヤスゴドラ
4. ヤンギラス
5. ヤティオス
6. ヤプ・ブルル

wikiのサンプルのヤスゴブルルも同じ構成ですなwww

ヤザングロス
1. ヤャラドス
2. ヤードラン
3. ヤタグロス
4. (同上)
5. ヤザンドラ
6. ヤプ・コケコ
6. ヤラヤラR

ヤザングロスの場合ヤンギはヤザンともグロスとも色々かぶり気味なので外しましたなwww

・ブルルヤンデ
1. ヤャラドス
2. ヤンデヤンデ
3. -
4. ヤンギラス
5. ヤティオス(ヤティアス)
6. ヤプ・ブルル
6. ヤオガエン(ヤワガノン)

ヤンデヤンデは単体でボボッキュを任せられるので鋼枠が1つですなwww2つにすると地面か格闘が重くなりすぎる印象ですなwww

おまけ: ボーナス5
何の意味もないですがついでにボーナス5を入れてみますなwww

1. -
2. ボッキー
3. -
4. -
5. -
6. ボボボボ、ボーナンス、ボンノーン、ボケニン

あと一枠何を入れても勝てそうにないですなwwwありえないwww
※ボッキーはボーゴヨンの臆病悪巧みドラゴンZ竜星群確定耐え、コオリZ吹雪がH4振り相手に75%の乱1ですなwww

まとめ

・ヤーティの構成は突き詰めれば似たようなものになる
・それを知っていればそこそこのヤーティが完成する

貴殿らもヤーティを使って異教徒を殲滅する以外ありえないwww


補足:採用理由みたいなもの
7世代が終わったので今さらですが今後の世代へ応用できるかもしれないのでメモしておきますなwww
2.対ボーゴヨン鋼枠
・ドラゴンZボーゴヨンに積む隙を与えると対策枠なしでは手遅れになるため
・最悪諦めるのも手
3.鋼枠その2
・ボボッキュに安定して勝つため
・鋼枠の過労や他への役割を考えると2枠で安定
・2.で挙げたヤードやチョッキヤンデはミミッキュに勝てるのでもう1体いれば良し
・幸い、鋼ヤケ2体採用は克服している弱点の違いから構築の歪みが起こりにくかった
1.ヤャラドス
・鋼枠が確定なのでメジャーな炎、地面、格闘の多くに有利なヤャラドスがいるとよい
5.ドラゴン枠
・これまでの3枠に電気が一貫するため
・これまでの3枠で唯一(確実に)水に耐性を持つヤャラドスでは当時は基本水タイプに役割を持てなかったため
・攻撃面が優秀
4. 対マンダ枠
・鋼枠で見れない場合高火力飛行技が受からないため
・ヤンデを入れなければ本稿で紹介したものは体感100%出てくるため(ヤンデ入りに出てきたら100%地震持ち)
・筆者が7世代にヤーティでそこそこ勝てたのはヤンギに勝ち目がないのに刺さっていると誤解して選出してくるからという理由がある。気がする。
6.自由枠
・自由枠なので採用理由はあなたが考えてください

余談
よく言われる「好きなポケモンが抜けたら完成!」は勝てる並びから逆算して考えていないために起こる悲劇。異教徒パは(構築理念が共通する受けループを除き)グッドスタッフみたいな状態が結局のところ一番強いことがしばしば起きるので一般化が困難で考えにくいのは分かる。

例の件の続き

あんな有様だったので任天堂に修理に出したらその週のうちに帰ってきました。仕事が早い
結果は……

知ってた
そんな訳でストーリーからやり直しです。ヤティ姉妹とヤードラン、ヤッシブーンどうしようかって感じですがほぼヤーティしか使わないしとりあえずそっち方面最優先で戻しに行こうと思います。
知り合い、友人の皆様におきましては、何かしら支援していただけるととても嬉しいです。意地マッシブーンとかはどうにもならないからね、最近使ってなかったけど
それではまた。

JCS2019予選

色違いのレヒレが欲しかったのでノルマだけこなすことにしました。気が向いたので書き残しておきます。

  • 使用構築


制作・著作
━━━━━━━━
NHK

※本記事は日本放送協会とは何の関係もありません