暇人クオの形だけのブログ

更新は滅多にされないものと思って貰って結構です。

りてーる!【怪文書 #7】

こんにちは、くおーてーしょんです。今日、まつり姫おじさんと呼ばれるキャラクターがいるのを知って調べてみたら見事にカラーリングがまつり姫で1人で大爆笑していました。そして実況している人もはいほー!って挨拶するんじゃないよ、悪化するじゃないですか。画像を載っけるのもあれなんで気になった方はググってみてください。ちなみにまつり姫おじさんが登場する作品は全く見ていませんので彼の活躍はよく分かりません。

さて、そこから気を取り直してTwitterを見ていたんですが、どうやらReTaleがJOYSOUNDに追加されたっぽい?とのことなので、確認してみました。






f:id:allsum13_quotation:20210613161544j:plain

ありました。



JOYSOUNDだとダイヤモンドダイバー◇以来のミリオンライブ楽曲追加の気がします。(DAMは昨年末のアライアンス・スターダストが最後)CD発売延期の余波か、それともランティスがアレなのか、チュパカブラなどミリシタ関連楽曲は追加を嘱望されていても一向に追加される気配がなく諦めていたので、今回の追加は復活(大袈裟)への大きな一歩で、とても喜ばしく思います。

ついでに言うと、ReTaleは個人的にはデレステ、ミリシタ通じて初めてイベントを本格的に走った曲なのもあり、とても思い入れが強い曲で、そういう意味でも非常に嬉しいです。ミリシタ感謝祭で聞いて(りえしょんがいない分音の物足りなさは感じつつも)めっちゃいい曲だな、イベントで来たら頑張ろうって思ってミリシタのイベントの走り方のノウハウを調べ、ボーダー予測と毎日睨めっこしてペースを確認しつつ走り、見事オーバーランして600位台でゴールイン、CDの発売も4月まで待てず配信で購入し、3人揃った状態のフルバージョンを聞いて「いい曲ダナー」と堪能し、その勢いのまま所恵美Pになったので、そういう意味では運命を変えた曲になります。≡君彩≡の3人の良さというか特徴というかが良く出たドラマパートも(ほぼドラマパートを聞かない私が)5周したくらいにはいい話で、カップリング曲のパンとフィルムも相まってバンドで青春!エモい!って感じです。青春というのは人生でのほんの一瞬で、終わりがあるから美しいとか儚いからこそ美しいとか、そう言ったどこで聞いたかも思い出せない言葉が「パンとフィルム」のメロディーから浮かんできます。「空は変わらずそこにあって」という歌詞からかえって変わってしまう自分たちが際立って、祭りのあとのような寂しさを感じさせます。それでも次へと進んでいかなくては、という気持ちが起こるのはやはり人間の性なんでしょう。楽しい思い出とどうにもならない後悔、そして楽しさが入っていたはずの空虚。それらを持ち合わせた状態で歩いた経験がきっと誰しもあって、だからこそこの曲に共感を覚えて、いい曲だと感じるのかなあ、と感じました。≡君彩≡はいいぞ。
一時、まつり姫に心を半分持っていかれていた時期がありました。アイドルはお姫様であるという理想の実現のため、恵まれたフィジカルと徹底的な準備、それに裏付けされる揺るぎない自信。あとはふとした瞬間に見せる素の姿。そういったところに魅力を感じました。こんな書き方をすると嫌いになったと誤解されそうですがもちろんそうではなく、今でも好きですが、でもReTaleやパンとフィルムを聞いたら「これだよなあ……」って初心?に帰れました。ココロがかえる場所だね。ついでに若干迷っていた部分が晴れました。なのでまつりPとして活動したりミリシタをしたりすることはないかなと。とはいえ、恵美の次に贔屓するとは思いますが。スカチケとか。



はい。

そんな訳で喜んではいるものの近所のカラオケボックスにはDAMしかないという重大な問題があるので、少々遠出するなりDAMでの実装を待つなりして、いつか歌いたいなあと思っている次第です。

ブログっぽくてしかも怪文書っぽい文章が書けたところで今日はここまで。




怪文書」では筆者がふと思いついたあれこれを自由に書いていこうと思います。話題はポケモンに限らないですし、為になる話や中身がある話とも限りません。好き勝手書くので、考えが違っても「おかしな人がいたもんだ」と流していただくのがお互いのためです。
続きが数年投稿されなかったらこいつ飽きたなって思ってください。